top of page

【札幌】2024年4月4日「IQ85 with Yann Joussein」

更新日:2月18日

IQ85のライヴが続きます。ドラムのYann Jousseinさんと。裕太くんのご紹介です。顔広いよなあ〜


1Q85(いちきゅうはちご)...昭和60年。09~10年発表の大ベストセラー作家作品へのオマージュか。管、弦、板にエフェクターも駆使し、アンビエント、ミニマル、アフリカン、ジャズなどの要素から生まれるインプロヴィゼーションの世界。新ユニット、活動開始。


2024.4.4 (木)

1Q85

横山祐太(tp) Nate Renner ネイト・レナー(g) 吉田つぶら(tap)


19:00開場 19:30開演

予約3000円(当日3500円)+飲物代600円



横山祐太 tp

1985年生まれ。札幌を活動の拠点としながら、道内外、アジア、ヨーロッパ、アメリカにて多くのミュージシャンやダンサーとインプロビセーションを軸に共演を重ねる。

北海道の大地のように大らかなサウンドと静寂を自身の音楽の中心とし活動中。



Nate Renner g

1985年、カナダ・サスカトゥーン市生まれ。 トロントのハンバー大学のジャズプログラムを卒業し、John Abercrombie、Don Thompson、Pat Labarberaに師事。Dave Douglasが率いたバンフセンターのJazz and Creative Music Workshopに2度出席する。 トロントやカナダ各地のミュージシャンとアンサンブルを組み演奏を重ねた。トロント大学の民族音楽学の博士号を取得。2019年秋より拠点を札幌に移し、自己のカルテットや他様々なバンドで活動中。


吉田つぶら

1985年生まれ札幌出身。10歳からJAZZダンスを学ぶ。 NYへ留学中タップダンスをはじめる。浦上雄次氏、Michelle Dorrance氏に師事。渡米中チーム「歌舞姫」(hiphop&house)でダンスコンペティションで優勝。2009年日本タップダンス奨学生制度でLAタップフェスティバルに参加。2016年自身のスタジオ「Tap & Music Lab.」を地元札幌にオープン。幼い頃から描いている絵も細々と続けている。不定期で個展も開催。


Yann Joussein ds



パリ在中ミュージシャン、エレクトロ、ドラマー、インプロバイザー、作曲家。

ドラムのテクニックとエレクトロニックのサウンドの実験のような音楽。

フリージャズからノイズ、ミニマル、フリーロックなどの沢山の音楽を探究し、パフォーマンスよりも伝統的なコンサートに興味を示す。

様々なプロジェクトを手掛ける。

TRIBALISM(ダンサーとミュージシャンのプロジェクト、VIDEO GAME PARTY(ゲームの音楽を演奏するグループ)、PHOQUE EVENRE(ドラムソロ、エレクトロニックパーカッション、ボーカル)など。






閲覧数:12回0件のコメント
bottom of page